3月31日(日)に発表会を開催します

 32回ピアノ・エレクトーン発表会「スプリング・コンサート」
  《日時》 3月31日(日) 13時開演予定
  《会場》 御殿場市民会館 大ホール

発表会を3月31日に控え、生徒の皆さんは最後の仕上げに頑張っています。
毎年4月後半に開催している発表会。4月は中・高校生が部活の試合と重なることも多かったり、新年度が始まったばかりでは落ち着かないということもあるので、今年は試験的に3月にしてみました。

しかし、これがなかなか大変!
インフルエンザが猛威を振るったこの冬、小見山音楽教室も類にもれず、多くの生徒さんがインフルエンザにかかってしまいました。
他にも、体調を崩す生徒さんが多かったり、卒業シーズンで、卒業式やお別れ会等の伴奏をまかされた生徒さんも少なくなく・・・
年度初めも落ち着かなければ、年度末も慌ただしいですね(^^;)
この時期の発表会はリスクが多かったということを思い知らされていますが、もう後に引けない!(>_<)
生徒さんの最後のラストスパートにはいつも驚かされているので、今回も皆さんの底力を信じています♪

今年は、エレクトーンアンサンブルはやらず、ソロの発表会ですが、生徒さんにも聴きに来てくださる方にも少しでも楽しんでいただきたいと思い、ソロ以外の企画も取り入れることにしました。

まずは、4~5人で一緒に演奏する連弾(ピアノ)。これは小3以上は全員チャレンジです。
連弾も、2人なら途中でつかえても息を合わせて挽回しやすいけれど、4~5人となるとどうなるでしょう?(^^;
座って弾くのは人数的に無理なので、立って演奏します。
「200%の自信を持って弾こうね。」と個人練習をしていますが、皆で合わせるのはこれからです。

幼児、小学校低学年の生徒さんはミュージックベルの合奏です。
ベル経験者は、またベルが出来るのが嬉しくて、音も上手に鳴らせます。
初めての生徒さんは、最初はうまく鳴らすことが出来なかったけれど、練習するうちにきれいに音が出せるようになってきました(^-^)
習い始めたばかりの年中さんたちは、デスクタイプのベルにチャレンジ。
こちらも合同練習は3月に入ってからになりますが、連弾もベルも、どんなサウンドになるのか、今から楽しみです♪

 

あと、今回は「お楽しみコーナー」として、エレクトーンでヒット曲を数曲演奏しようと思っています。
2月に入ってから突然思いついた企画ですが、そのうちの1曲は、〈NHK〉2020応援ソング「パプリカ」。
この曲は、歌いたい生徒さんにステージで一緒に歌ってもらおうと声を掛けてみると、特に小さい子たちはこの曲をよく知っていて大喜び!
「歌う歌う♪」
みんなこの曲が大好きなんですね(^-^)

 

他にも、これまでにも何度か賛助出演してくれているアルトサックスの高杉幸弘さんに、今年も演奏をお願いしました。
今年演奏してくれるのは、クラシックの「夢のあとに(フォーレ作曲)」と「名探偵コナン メイン・テーマ」。
先日、初めて一緒に練習したのですが・・・「夢のあとに」の素敵なサックスの音色に聴き入って心震えてしまいました。
でも、聴き入ってしまうと、ピアノの伴奏に集中できず、ミスを連発(笑)
当日は、冷静さを心掛けて演奏しなければ!
とても素敵な曲で、高杉さんのサックスの音色も必聴です♪

 

時間が無いのに、あれやこれやと手を出し過ぎて、演奏はおろか、発表会の準備が間に合うかどうか心配になってきました(^^;
でも、私もラストスパート! 本気出して頑張ります。

生徒の皆さんも、残り一か月、本気を出して頑張りましょう。
みんな「やればできる!」力を秘めています♪